• このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートサポートのカメラがあると作業支援の幅が広がる

リモートサポートのカメラを現場に導入することは、さまざまな面で作業支援に繋がります。例えば海外の工場で使用している機器のトラブルを解決する際にも、現地スタッフに撮影してもらえれば修理スタッフが渡航する必要がありません。日数をかけて出張しなくても良いので、時間を効率的に使えます。
また、同時に話しながら撮影できるのも利点です。修理希望箇所を送った画像だけでは判別できない場合に、指示を受けながら他の部分もすぐに撮影出来るので、修理時間も短縮されます。現地スタッフに対してのスキルアップにも繋がり、スタッフ間のコミュニケーションになるのもメリットです。
技術を持っているスタッフが効率的に現場スタッフへ指示出来るため、人手や技術不足で悩んでいる現場に導入すると、大きな改善のきっかけとなります。

さまざまなジャンルの作業支援となるリモートサポート用のカメラ

リモートサポート用のカメラが、作業支援として役立つ業界は非常に幅広いです。従来では係員を常駐させていたようなパーキングやゲートを無人で管理できるようになります。複数の現場を一つの事務所から遠隔監視でき、センサーによって車両数をカウントすれば手書きで記録する必要もありません。
福祉施設などでも、リモートサポートは活躍します。出入り口にセンサー付きカメラを設置することで、入居者が外に出てしまった場合でもすぐに把握できます。映像記録を見返せばどの入居者かも判断出来るので、家族への連絡も迅速に対応可能です。
事務を中心とした職場でも、各部署間やクライアントとの打ち合わせを遠隔で行なうのもリモートサポートカメラが必要です。

リモートサポート用のカメラは作業支援以外にも防犯対策として役立つ

リモートサポートのため導入したカメラは、作業支援だけではなく作業していない時の防犯対策としても役立つアイテムです。高所作業用のチェックとして取り付けたカメラを作業後は防犯用として撮影する向きを変えるなど、使い方次第で作業の安全性を高められます。特に立ち入り禁止となっている場所へ侵入者がいた場合は、大きなトラブルに繋がる可能性がありますが、センサーが通報するように設定しておけば事前に防げます。
商品を保管しておく倉庫に設置することで防犯対策に役立ち、利益減少の防止や犯人確保への大きな証拠となるのです。ただし冷凍倉庫や食肉加工現場など温度が通常より低い場所では、通常のカメラだと故障に繋がる可能性があるため、耐用温度などをチェックして製品を選ぶ必要があります。

ピックアップ記事

高所でも活躍するリモートサポート用のカメラ

リモートサポート用のカメラは、高所作業や危険を伴う現場でも活躍します。高所部分の様子を下にいるスタッフが、撮影する場合に使われるのは伸縮可能な棒が搭載されているポールカメラです。先端を自由に曲げられる...

リモートサポートのカメラは手ぶれが起きると非効率に

リモートサポートでカメラを活用することで業務を効率化でき、以前は作業が難しかったケースでも進められる事例が出てきます。しかし、環境はちゃんと整えて反対に非効率的にならないように注意しなければいけません...

現場記録ができるリモートサポートのカメラ

リモートサポートのカメラを導入する際には、現場記録ができる商品を選択すると良いです。通信の映像を送信できても、現場記録として保存できないと後から記録を見返せません。ただ現場記録がするだけではなく映像や...