• このエントリーをはてなブックマークに追加

高所でも活躍するリモートサポート用のカメラ

リモートサポート用のカメラは、高所作業や危険を伴う現場でも活躍します。高所部分の様子を下にいるスタッフが、撮影する場合に使われるのは伸縮可能な棒が搭載されているポールカメラです。先端を自由に曲げられるのが一般的で、梯子にのぼるなど危険な作業を伴わずに状況を確認できます。
長期間工場作業を進めつつ常に状況を記録したい場合には、ヘッドマウントとして装着するカメラがぴったりです。電力やガスといったインフラ関係や建設などの工事に使われます。長期間外で使用するための製品を比較する際には、バッテリー性能や防水防塵性能が重視する点です。
撮影している映像を遠隔地にいる作業員が把握出来るので、経験を積ませたいスタッフに搭載させてリモートサポートしながら作業ができます。

高所に固定して取り付けることで1日の動きをコンパクトに把握

高所作業を行うスタッフがカメラを取り付ける以外にも、作業現場に固定してカメラを設置し作業の進行状況をチェックする際に使えます。特に、動きのある点だけを抽出出来る機能が搭載されていると便利です。建設業で1日の作業に問題がないか再確認しようとしても全てのカメラ映像をチェックすると時間がかかってしまいます。しかし動きのあった部分だけ抽出する機能が搭載されていれば、動画を早送りする必要がなく、効率的に作業チェックが可能です。
交渉限定ではなく、現場を360度様々な角度から撮影出来る製品もあります。遠隔で方向を操作できるので、責任者が現場へ出向かずに作業が滞りなく進んでいるかをチェックできます。作業完成後の撮影写真が不足していることが発覚した場合、すぐに撮影していたデータから流用出来るのも大きなメリットです。

ドローンを使用して高所作業を撮影する方法も

高所作業場所を撮影する際にポールカメラやヘッドマウントタイプ以外に、ドローンを使って撮影する方法もあります。人が立ち入るのが難しい場所や危険な可能性がある場所でも映像撮影が可能です。
高所作業現場で足を踏み外してしまうといったようなトラブルの危険性もありません。安全に作業を進められるだけではなく、すぐに高所へドローンが到着するので作業時間の短縮にも繋がります。高所での作業を伴う場合にはヘッドマウントタイプで撮影しつつ作業する必要がありますが、状況を撮影するのが目的であれば非常に効率的です。カメラを選択する際には何の作業に利用するかを踏まえて最適な製品を使用しましょう。
ポールカメラのように下で支えるスタッフも不要です。しかしドローンを操作するスキルが必要となるため、操作トレーニングもしくは代行の操作スタッフを依頼する必要があります。

ピックアップ記事

高所でも活躍するリモートサポート用のカメラ

リモートサポート用のカメラは、高所作業や危険を伴う現場でも活躍します。高所部分の様子を下にいるスタッフが、撮影する場合に使われるのは伸縮可能な棒が搭載されているポールカメラです。先端を自由に曲げられる...

リモートサポートのカメラは手ぶれが起きると非効率に

リモートサポートでカメラを活用することで業務を効率化でき、以前は作業が難しかったケースでも進められる事例が出てきます。しかし、環境はちゃんと整えて反対に非効率的にならないように注意しなければいけません...

現場記録ができるリモートサポートのカメラ

リモートサポートのカメラを導入する際には、現場記録ができる商品を選択すると良いです。通信の映像を送信できても、現場記録として保存できないと後から記録を見返せません。ただ現場記録がするだけではなく映像や...