• このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートサポートのカメラを作業現場に導入するメリットとは

リモートサポート用のカメラを作業現場に導入すると、さまざまなメリットがあります。リモートサポートと聞くとテレワークを連想する方も多いと思いますが、打ち合わせ以外にも多くの作業に役立てられるのです。
既存のスマートフォンやタブレットを活用する方法と、別途専用のカメラやシステムを購入もしくはレンタルする方法があります。使用する目的によってスマートフォンやタブレットとカメラ製品のいずれが適しているかは異なり、一概には言えません。
しかしリアルタイムで遠隔からサポート出来ると、今まで作業できなかった事例でも進められるようになり効率が改善されます。距離やスタッフ人員の問題で作業が滞ることが多い現場ではリモートサポートのカメラを導入するのがおすすめです。

リモートサポートのカメラは遠隔の打ち合わせや作業チェックが可能

テレワークなどで想定されるWeb会議は、イメージしやすい方が多いと思いますが、遠方の現場を支えるリモートサポートも遠隔操作で可能な作業です。支店で何らかの機材トラブルが発生して解決ができない事例が発生した際、本店に在籍するスタッフへ、遠隔操作の映像や動画を共有すればすぐに解決出来る場合があります。リモートサポートの体制は、整っていなければ電話やメールで本店と支店のスタッフがやり取りし試行錯誤しながらトラブルを解決しなければいけません。
場合によっては、本店から支店へスタッフが調査のため足を運ぶ場合もあります。しかしリモートで即時に解決できれば支店の作業が止まる時間が短く、本店スタッフも時間を取られることなく解決出来るといったメリットがあるのです。

リモートサポートのカメラで遠隔から研修が可能

リモートサポートのカメラを活用することで、遠方から研修することも可能です。必要な知識を座学で提供し、作業スキルはOJTにて教育しているケースでは特に役立ちます。
座学で学び実作業は、経験の浅いスタッフが作業しなければいけない場合にヘッドマウントタイプのカメラをつけておくことで、経験豊富なスタッフが動画で状況を把握しつつ指示を出すことが可能です。経験のあるスタッフが指示するため作業のミスも防げ、かつ指示を受けて作業を進めるスタッフには経験が蓄積されます。
リモートサポートに使用するソフトに資料をチェックし映像に書き込みが出来るなどの機能があれば、より精度の高い指示が可能です。

少量多品種であっても高品質を実現できるのがザクティの強みです。 ドローンカメラやWeb会議カメラもお任せください。 技術を生かした商品企画、試作開発、量産開発・支援などを行っています。 製品開発は生産現場と連携しています。 デジタルカメラの小型化・防水・耐衝撃の設計技術はあらゆるデバイスに応用可能です。 効率的で低コストの量産を実現しています。 リモートサポートには小型ウェアラブルカメラを活用|ザクティ

ピックアップ記事

高所でも活躍するリモートサポート用のカメラ

リモートサポート用のカメラは、高所作業や危険を伴う現場でも活躍します。高所部分の様子を下にいるスタッフが、撮影する場合に使われるのは伸縮可能な棒が搭載されているポールカメラです。先端を自由に曲げられる...

リモートサポートのカメラは手ぶれが起きると非効率に

リモートサポートでカメラを活用することで業務を効率化でき、以前は作業が難しかったケースでも進められる事例が出てきます。しかし、環境はちゃんと整えて反対に非効率的にならないように注意しなければいけません...

現場記録ができるリモートサポートのカメラ

リモートサポートのカメラを導入する際には、現場記録ができる商品を選択すると良いです。通信の映像を送信できても、現場記録として保存できないと後から記録を見返せません。ただ現場記録がするだけではなく映像や...